HOMEアクセスアップ研究>相互リンク

相互リンク

アクセスアップと相互リンクについての研究です。


 相互リンクのメリット


まず、相互リンクは何の為にするのか?という基本的なことを考えると、

1、相互リンク先のサイトを訪れた人が、リンクから辿りつく。

2、相互リンクしたサイトの管理人さんや常連の方と交流を深める事によって、その人達が自サイトのリピーターになってくれる。

といったメリットが期待できるからです。(元々友達である、面識がある、という場合は除く)

当然ですが、相互リンクするサイトが自サイトと同じようなテーマを扱っていたり、テーマの関連性が高いサイトほど、その効果は上がるという事になります。

逆に、どんなにアクセス数が多いサイトでも自サイトのテーマと何の関連性もないサイトの場合、あまり上記のような効果は望めません。(桁外れのアクセス数を誇るサイトと相互リンクする、というならまた話は別ですが)



 TOP相互リンクのメリット


では、お小遣い系のサイトで良く見られる「TOP相互リンク」にはどんな意味があるのでしょうか?

勿論、TOPページという、サイト内で一番目立つところにリンクを置くことで、前述のメリットがより期待できる、という意味もありますが、実は、それにプラスして、ロボット型検索エンジン対策としても有効なのです。



 TOP相互リンクとロボット型検索エンジン


ロボット型検索エンジンで上位表示される為に、先ず重要なのは、検索の際入力したキーワードと一致するキーワードのページ内の出現頻度です。

相互リンクをテキストでした場合、そのタイトル内に含まれる単語もキーワードとして検索ロボットに認識されます。同じようなテーマのサイトとTOPページでリンクしていれば、そのタイトルによく出てくる単語(例えば、当サイトの場合、「ネット収入」など)のキーワードの出現頻度が上がるわけです。

バナーによるリンクの場合でも、画像のALT属性にサイト名やキーワードを書いておく事で検索の対象になります。(余談ですが、画像のALT属性に書かれている単語はロボットにキーワードとして認識されますから、検索対象にしたいキーワードをALT属性として書いておくことは検索エンジン対策として有効です)



 TOP相互リンクとGoogle


また、ロボット型検索エンジンで人気のサイトGoogleでは、独自の評価基準として「ページランク」というものを重視おり、ページランクが高いページほど検索結果で上位に表示されます。このページランクとは、そのページを、他のページからリンクされている数と、その各リンクの重要度から判断するものです。(Googleのツールバーをインストールすると、各ページのページランクをリアルタイムで見ることが出来ます)

この場合の、リンクの重要度が決定される要因は「リンク元ページのページランク(高いほど良い)、リンク本数(少ない程重要なリンクとみなされる)」と、「リンク元とリンク先の内容(キーワード)の関連性」だといわれています。

ここでいう「内容の関連」とは、ロボットの認識ですから、出現率の高いキーワードが共通しているページ、ということです。自サイトと関連のあるサイトを探すにはGoogleの検索窓に「related:サイトのURL」を入力して検索しましょう。”Googleのロボットが認識する”関連性の高いサイトが表示されます(URLがGoogleのデータベースにある場合)。

大抵の場合、サイト内で一番ページランクが高いのは(外部からのリンクの本数が一番多い)TOPページですから、(同傾向のキーワードが含まれる)同系統のサイトのTOPページからリンクしてもらう、ということは、Googleのページランクを上げるのに非常に有効ということになります。



 TOP相互リンクのデメリット


良いことづくめようなTOP相互リンクですが、デメリットもあります。

ページランクが決まる要素は基本的にはサイト内のリンクも変わらないので、TOPページからリンクしているサイト内の各ページの場合、TOPページのページランクとTOPページから外部へのリンク本数が重要な要素になりますから、TOP相互リンク(を含めた外部サイトへのリンク)を必要以上に増やすことは、サイト内のページのページランクに悪影響を与える可能性があります。

TOPページのページランクを上げる為だけに闇雲にTOP相互リンクを増やすというのは、ちょっと考えた方が良いでしょう。むしろ、後々のサイト全体のページランクのことを考えるなら、相互リンクは、TOPページからではなく、リンク集のページで行ったほうが良いかも知れません。

それに、相互リンクを増やせば増やす程TOPページのページランクが上がるか?というと、そういう訳でもありません。一般的な個人サイトの相互リンクによってページランクをあげられるのは大体「4」程度まで。そこまでは比較的簡単に上げることが出来ますが、「5」以上になることはほとんどありません。



 相互リンクを申込む際に


実際に相互リンクを申込むページを選ぶ際、通説として、ページランクの高いページの方が良いようにいわれていますが、一概にそうとも言えません。

例えば、外部へのリンク数が200以上あるページランク「5」のページより、リンク数が10のページランク「2」のページからの方が自サイトのページランクにメリットがある、ということも考えられるからです。

被リンクにより加算される数値は「リンク元のページランク÷ページ外部へのリンク数」が基準になると推測されていますが、ページランク決定のアルゴリズム自体が公開されていないので、具体的に、リンク元ページがこれ位のページランクとリンク数なら、この位の影響、という判断はできません。

そもそも、ページランクとはGoogleの検索結果表示順位を決める要素の1つでしかなく (実際、ページランクよりもテキストマッチやtitleタグによる重み付けの方が優先されます)、「ページランクが高い」=「優秀なサイト」という訳でもありませんし、ページランク自体、上下するものなので、相互リンクを申込む(又は申込みを受ける)場合に、相手サイトの現状のページランクを気にする必要はあまりないと思います。

サイトの内容などで判断して、自分が相互リンクしたいと思うサイトに申込むのが一番ではないでしょうか?当たり前のことですけど。


・当サイトと相互リンクをご希望の方は「リンクについて」を御覧下さい。



▲このページのTOPへ

[ 検索エンジン | アクセスランキング | 相互リンク | アクセスアップ支援 ]

-HOME-


SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO